チャニーダさんヒルトン講演

チャニーダさんが来日された時の講演を記事にしました。チャニーダさんは日本のトップの一段上の方です。

ウェアラブルの歴史について

ウェアラブルは手首に巻くだけでなくメガネタイプとか身に付ける物をウェアラブルと言います。ウェアラブルテクノロジーはスマホの次に来る業界だととアメリカを代表する新聞雑誌が予想しています。1番最初にウェアラブルが登場したのは2013年。その年に800万個を販売し、去年1億1千100万個が売れました。それだけにとどまらず、2020年にはウェアラブル業界の売り上げが約3兆4千200億円にもなると予測されています。


もし、WGNがネットワークビジネス業界でこの市場の2,000億円の売り上げがあれば、業界トップ10に入れます。


ビルゲイツが残している言葉にはビジネスにおける成功の秘訣は世界がどの方向に向かっているかを他の人よりもいち早く知ることと述べています。

ウェアラブル業界の可能性をまだ日本人はよく知らないので、これをいち早く取り入れるということこそが間違い無く成功の秘訣であり、サムスン、アップル、マイクロソフトなどがいろんなウェアラブルの商品をだしてきていますが、競争力のある「人々が求める機能」をHeloだけが保持しており、

【他社にない機能】

  • 心電図
  • 血圧
  • 気分・情緒
  • 疲労状態
  • 遠隔監視モニター
  • ゲルマニウムプレート
  • パニックボタン(SOS)
  • 緊急SOS GPS ロケーション
  • 血中酸素濃度
  • 体温
  • 血糖値(世界特許申請中)
  • 蚊 撃退機能
  • 血中アルコール濃度

そして

ビジネスチャンス

これだけの項目が計測できる機能をHeLo LXだけが持っています。この時点ですでにWGNに競合する企業が世界中を探しても他にいないのです。競合はせいぜい、心拍数、歩いた歩数、消費したカロリー位が計測できる程度です。それに比べてWGNは血圧、心拍数、心電図、睡眠の質、呼吸数、感情、疲れているかのチェック、歩行数、カロリー、SOS機能、まだまだこれに付随するものが後から増えてきます。


この商品が発売されると、例えば自分のお母様の情報をすべて自分のスマホでチェックすることも可能になります。これらの機能をタイの病院で調べると2万円位かかります。

ある男性はご自分では元気だと思っていらっしゃいましたが、Heloで2度ほど異常を検知したので、その方は心配になり医療機関で調べたところ異常と診断されたそうです。念の為に2日間検査入院をして事なきを得られたそうです。


突然死をする方は48時間前に何らかの症状が出ている。それに気づかずにぽっくりお亡くなりになってしまいます。Heloは24時間体制で皆様の体調チェックをしてくれるディバイスなんです。

元タイの首相、タイの大臣級の重要人物の方々が自分の体調管理の為にHeloを身に着けていらっしゃいます。またラオス、マレーシア、ベトナムの国家元首の方々もHeloを健康管理の為に身につけていらっしゃいます。その方々も最初は愛用者でしたが、9ヶ月でプレジデントになられています。

ご自分で体調を定期的に確認するだけではなくご自分の体の情報を奥さんだったり、ご主人だったり自分の大切な方と共有することで、相互に体の異常に対しての見守り機能と言える、ガーディアンシステムがついています。パニックボタンを2回押すと正確にGPSでどこでピンチを迎えているのかを的確にお伝えしてくれます。


このHELOはモニターするだけで無くて、ベルトの裏側にゲルマニュームの原石が装着出来るようになっていてゲルマニュームをつけると血行がよくなり、体温が上がり、全身体温も上がります。チャニーダさんは冷え性だったのですが、ゲルマニュームを常時7個つけているので血液の循環が良くなり体温が上がってぽかぽかで冷え性ではなくなったそうです。冷え性だけでなく脳の血行が衰えると脳梗塞、脳卒中が起こりますが、血行が良くなる事で、そういったことの予防も期待出来きますね。

HeLoクラシック


今、チャニーダさんがつけているHELOクラッシックはもう実は売り切れになり、購入できなくなります。皆さんが購入できるのは新しいHELO LXという商品になります。3月から皆様のお手元に届きます。

 

HELO LXから血糖値が測れます。


HELOは血糖値だけで無く飲酒運転を防止するための血中のアルコールの濃度を測ることができます。

蚊撃退機能


LXを装着すると蚊がよってこなくなります。

バイオZENについて


電子レンジは火を使わないのに物を温めることができますが電磁波の一種を電波に変えてそれを応用して温めているわけですが、物を温めるだけで無く確実に皆様の細胞を血液も電磁波によって破壊しています。

電子レンジ、テレビ、パソコン、スマホそういったものからすべて電磁波が発生しています。もし、子供さんがいれば確実に脳や体の細胞を破壊している。緑色の三角のシール、バイオZENは日本で購入できます。アリゾナ州立大学、イリノイ州立大学の教授がいかに電磁波が危険な物なのかYou tubeで流しているそうです。電磁波は完全に脳細胞を破壊しているそうです。ガンになりたくない人、アルツハイマーになりたくない人、片頭痛を起こしたくない人、自分の赤血球を潰されたくない人はバイオZENを使ったほうがいいですよバイオZENの商品の効果は目に見えないのでなぜそうなっているのかわからないですが、電磁波は確実に皆様の健康を蝕んでいる元凶です。USAと日本でしか購入できません。タイではまだ販売しておりません。

指を三本立てるポーズの意味


ピースではなく指を三本立てるポーズはWorld を意味しているだけで無く三つの会社の協力に基づいて製品化されていることも意味しています。

      1:World社
      2:東芝社
      3:quality社

3番目のquality社は中国の深圳にある会社でなんとこの会社は一ヶ月でスマホが200万個、HELOに関しては300万個製造できるラインを持っている巨大工場です。その会社が協力してくれることによってこれからの共産体制のクオリティーをバッチリ担ってくれます。その三社の意味もあるピースです。

東芝は今、アメリカの原子力の変な会社を買ってしまって大変なことになってると報道されていますが、半導体部門は好調で東芝のマイクロプロッセッサー、マイクロチップの素晴らしい技術でHELOの品質を維持する為にworldで採用しているので東芝とWGNの関係が悪くなることはありませのでご安心ください。

ファビオガルディー氏


チャニーダさんはこの会社のファビオ社長を天才と呼んでいます。なぜ天才なのかテクノジィーの世界とMLMの世界を一緒にくっつけた世界で初めての人物だからです。ファビオさんは2002年に設立した会社でタッチスクリーンでコンピューターを動かせる技術を編み出した人です。全米のMLMの会社の社長に対して最高の社長という称号を2年連続で受賞されています。

WGNについて


WGNはトリプルAプラスでランキングされています。WGNは今、売り上げ等のベースでいきますと第77位です。いろんな高額所得者がいますがネットワークビジネス業界のトップ200に多数WGNの会員の方々かランクインされています。ナスダックに既に店頭公開しています。親会社の正式名書はWorld Media &technology

WRMT頭文字4つのアルファベットで証券コードが表現されています。チャニーダさんが初めてファビオ社長に会ったのは去年の二月なんですが一年前は一株が40円で今は1700円になっている$15.30 現在はついています。実は去年の段階でこの会社の株が上がるから買っておいたらと仲間に言ったので皆さん40円で買ったのでそれだけでもお金が儲かった。

世界展開

今、世界に14箇所支社が出来てるのですが韓国にはまだ出来ていません。

1)シンガポール
2)インド
3)中国
4)ロシア
5)アイルランド
6)ドバイ
7)チュニジア
8)ブラジル
9)トルコ
10)タイ
11)ベトナム
12)コロンビア
13)パラグアイ
14)韓国

ですが、韓国の代わりに日本になる可能性が高いです。