お医者さんが見る専門紙医療マガジンから「健康支援外来」という雑誌が創刊されました


HELO LXがお医者さんが見ている専門誌で特集されたそうです。

その内容を雑誌から引用してお伝えします。

未病産業レポート

健康管理用ウエラブルデバイス

2020年の市場規模は3兆4,000億円

特集内容 iPhone/アンドロイドでも閲覧可能。遠隔監視モニター機能を搭載。海外にいてもバイタル情報をチェック

前半はこちら

という面からも独立した健康管理機器でもある。兼ね備わっている。

さらに、「HeLo-LX」には、他の競合企業の

追随を許さない卓越した特徴的な技術機能を具備している。

その一つが遠隔監視モニター機能だ。

アプリでデータを共有することで、

大切な人の健康状態を常時チェックすることが出来るのだ。

いま一つはSOS機能

「HeLo-LX」本体にはパニックボタンがある。

自分の身に危険が及んだ場合や事故などの緊急時に

そのボタンを2回連続で押すと、

パニックアラームが発動され、

アプリ内で共有しているすべての人に

アプリやメールで通知される仕組みになっている。

GPS機能が備わっているので、

Googleマップと連動して登録者の正確な位置が表示される。

山岳での遭難事故や認知症罹患者の徘徊対策などにも有益な

傑出した機能と言えるだろう。

ごく近い将来には、

血糖値
体温(血中濃度)
血中アルコール濃度
血中酸素濃度
不妊予測(妊婦の予測)
インフルエンザ検出
パルス診断

などの測定や蚊除け機能といった管理項目も随時加わる予定だという。

国の施策が追い風に

健康管理ウエラブル端末の用途は広い。

特に医療市場における需要は大きい。

政府が推進する「市場戦略創造プラン」に、

健康長寿社会を実現するための効果的な

予防サービスや健康管理の充実が明記されたことや、

「社会保障と税の一体改革大綱」に沿って

打ち出された病院・病床機能の分化、

あるいは在宅医療の充実や地域包括ケアシステムの構築

といった諸施策も普及の追い風になるだろう。

また、膨張した国民医療費の抑制策として、

厚生労働省は2025年までに5兆円の

医療費・介護費の削減を目指している。

その一環として、

国民医療費の3割を占める入院費を削減

するために病床機能の分化という

大義名分のもとに在宅医療、いわゆる

「患者の病院追い出し」政策が今後一層進むことは必定だ。

そうした時代の転機を視野に入れ、

在宅医療を担う医療関係者をはじめ

医師の間で健康管理用のウエラブル端末器への

関心が異様なほど高まっている。

在宅患者の日々の体の活動量計状態管理、

特に遠隔監視モニター機能などで

医療活動の充実に役立てようというのだ。

疾病予防に資すという点からも、

健康管理ウエラブル端末器は、

国が目指す健康長寿産業の創出を牽引する

中核産業へと成長する可能性をおおいに秘めているといえるだろう。